柔道整復とは

HOME > 学校案内 > 柔道整復とは

  学校案内ページに戻る

柔道整復とは

柔道整復師

文武両道という言葉があります。
中国の思想が基となっていますが、中国では歴史を見てもわかるように伝統的に文を重んじ、武を軽んじて来ました。
一方、日本では武も伝統的に大切にされてきました。
鎌倉時代、武家の時代になってからは特に発達し、武士が修得すべき18種類の武器・武術の総称である武芸十八般という言葉なども中国から伝わりました。
剣術 、弓術、柔術・和術、手裏剣、槍術、薙刀、棒術、杖術、鎖鎌術、組討(くみうち)術 、水術(泳法術)、十手術・鉄扇術・鉄鞭術、分銅鎖、馬術・騎馬術、居合・抜刀術、砲術、刺又(さすまた)術等含まれます。

この中の柔術(やわら、腰回り)は、活殺自在と言われるように「活法」と「殺法」に分けられます。
詳しくは別に譲るとして、当身、関節技、固め技等、戦場の武器戦闘の補足技術としての殺法と、当身で気絶した者の息を吹き返すことから始まり、 骨折、脱臼、打撲、捻挫などの外傷の治療法、さらに出血、仮死者に対する蘇生法など昔の外科医の職域のような活法があります。

殺法としての武は武士の精神的な支えとなり、その伝統は明治に受け継がれ、時代の変化とともにその一部は近代的な思想の影響を受け、 柔道として競技として技をみがき、また教育の手段として活用され、世界中に広まっているものもあります。

一方、活法としての治療法は、本来の柔術に加えて、中国より伝来した拳法や中国伝統医学の経穴を取り入れ、 さらに、スペイン・ポルトガルの南蛮外科術、オランダの「蘭方」等を吸収し、整骨術として確立されました。

明治時代は鍼灸医学と同じく、政府が西洋医学の導入を図ったため苦しい時を過ごしました。嘉納治五郎が講道館柔道を創設した後、柔道家・柔術家の職業として認められるよう柔道家を中心に運動が起こり、 大正9年(1920年)の内務省令によってその施術法が認められ、その技術をもつ者を柔道整復師として認定し、資格化されて柔道家、柔術家の収入源となりました。

こうして発展した柔道整復は日本独自の治療技術であり、WHOの『伝統医療と相補・代替医療に関する報告』でも、日本の伝統医療として紹介されています。臨床においては、各世代の運動器疾患に応用されており、高齢化現象に伴い、老人の膝、腰、肩の痛みの治療にも適応範囲を広げてきています。