柔道整復師について

HOME > 学校案内 > 柔道整復師について

  学校案内ページに戻る

柔道整復師とは

柔道整復師

柔道整復師とは、ほねつぎ・接骨師・整骨師として広く知られ、 厚生労働大臣免許の下で打撲、捻挫、挫傷(筋、腱の損傷)、骨折、脱臼などの施術をする職業の正式名称です。
柔道整復師は施術所(いわゆる「接骨院」「整骨院」)を開設(独立開業)できます。
業として柔道整復を行うことができるのは、医師以外には、柔道整復師に限られますが、外科手術、投薬を行うことはできません。
また、脱臼・骨折の施術は、医師の指示がなければできない(応急手当を除く)となっております。
これは、日本では、医師法・歯科医師法の規定により、医師以外の者が業として医行為(医業)を行ってはならないとされており、 柔道整復師、按摩・マツサージ・指圧師、はり師、きゆう師、助産師などは、医師の指示を受けるなど、 法律が定める一定の条件の下で、医行為(の補助)、医業類似行為、柔道整復を行うことができることとなっているからです。

柔道整復師の免許は、柔道整復師法の規定に基づいて与えられます。
1970年、柔道整復師法とあん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律が分離され、1989年、柔道整復師法改正によって教育内容の充実が 図られ、試験及び免許に関する事務権限が、都道府県知事から厚生労働大臣に変更になりました。

柔道整復師試験の受検資格は、3年以上、所定の柔道整復師養成施設で、解剖学、生理学、病理学、衛生学その他柔道整復師となるのに必要な知識及び技能を修得したものに与えられます。